HootSuite

HootSuite - Social Media Dashboard

Starbucks Charm

Search This Blog

Loading...

3/29/2014

Patatap! AtoZのキーボードが楽器になる!

10/28/2012

Lytro Multi-Forcus Picture

今、僕が最も注目している技術がこれ、Light Field Camera " LYTRO"

一枚の写真の中にDepthがあって、自在に見たい被写体に焦点を合わせて
鑑賞できるという不思議な写真。
まずは下の写真の真ん中や奥の家の屋根などをクリックしてみてください。





真ん中をクリックすると手前のクモや蜘蛛の巣に焦点が合って奥の景色がボケる。
奥の家をクリックすると家に焦点が合い、手前のクモがボケる。
面白いよね。
一枚の写真の中でいろんな世界が見えてくる!

そんな写真が撮れるカメラがこれ、"LYTRO"

Camera_red_hot
シンプルな形状のカメラでマルチフォーカスのレンズが組み込まれている。
使い方はとっても簡単、下のビデオを参照。


Start here. Get to know the basics. from Lytro on Vimeo.


撮った写真は再生専用のソフトが組み込まれたウェブ上で見ることが出来る。
もっとたくさんサンプル写真のギャラリーがあるのでどうぞ。

今後はiOSのアプリなどが出ることを期待。
さらに、ビデオ(動画)への応用ができるようになると面白い展開になると思う。

お値段は8GBメモリー内蔵が$400、16GBメモリー内蔵で$500
なぜか、まだ日本では販売されていないみたい。



4/02/2012

Sunset @Santa Monica Beach


日常の景色の中で夕焼けが一番好きだ。
犬と散歩しながら美しい夕焼けに出会うとつい写真を撮りたくなる。
そんなある日、立ち止まって撮影した場所をThree Palmsと名付けて、
ここから見るサンセットを撮り続けると面白いかも?と思いついた。

(iPhoneでも再生できるバージョン)

カメラはiPhone4S、手持ちなので多少のズレはあるだろうけれど、
パームツリーをフレームの左に据えればある程度固定しやすいと考えた。
撮影期間は1月中旬から3月末まで、出張で留守の時以外はほぼ毎日
このThree Palmsで撮影した。

同じ場所から見るサンセットでも毎日違う表情を見せてくれる。
美しい夕焼けには適度の雲が必要だ。
高すぎず低すぎず適量の雲が出現していると夕陽は雲を赤く染める。


夕方の西の空を見て、今日は焼けるかどうか分かるようになってきた。
雲が無い日は空がオレンジに焼ける。これもなかなか美しい。

初めは陽が沈む場所がパームツリーの近くだったのが、日が経つにつれて
すこしづつ北の方(画面の右方向)へ移動する。
そして夏に向けて陽が沈む時間は数分づつ遅くなっていく。
当たり前の発見。

3月の末になったところで、もはや太陽は画面の右端に沈むようになり、
海に落ちないで、遠いマリブの岬に落ちていくようになった。
いずれフレームから外れた所に陽が沈むと言うことは、この定点撮影は
成立しなくなるので、この辺で終了することとした。

全部で100枚以上撮影した写真を並べて見ると、また新たな感動が甦る。
空を飛ぶカモメやペリカン、ライフガードのジープにヘリコプター、ボート
にヨット、風はパームツリーの葉を撓らせる。飛行機雲。光る海。
そしてビーチで遊ぶ人々のシルエット。
写真一枚一枚に小さなストーリーがあるのが面白い。



全写真を時系列で繋いでスライドショーを作ってみたら、10分以上の
長尺になってしまい、長すぎて印象が薄れてしまうので、写真を厳選して
4分半に収めてみた。
iPhotoで作成。音楽はPink FloydとLondon Philのコラボ「Us and Them」

さて、次のプロジェクトはどうしようかな?





3/30/2012

Handpresso Auto 車の中でエスプレッソを作って飲む!

車の中でエスプレッソを作って飲むって最高!

Handspressoは車の中で使えるエスプレッソマシン。車内電源の12ボルトスロットに差し込めば、圧力16barのESEポッドを使った高品質なエスプレッソが出来上がります。
お値段は200ドル(約16,000円)です。

車内に満ちるコーヒーの香りも味わえます!


handpresso auto E.S.E. - Handpresso

1/26/2012

今週のコーヒー Ethiopia Sidamo

Organic Ethiopia Sidamo Whole Bean

Rich with history and tradition, redolent with astounding flavors and aromas.

In Sidamo, Ethiopia, 80-year-old coffee farmer Alemu Amito hums a melody while tending to the coffee trees in his garden. His family’s food crops grow all around, supported by the relationship between the soil, the coffee trees and Alemu’s careful attention.
He moves meticulously, handling his crop tree by tree, cherry by cherry, allowing the cherries to bloom and ripen at their peak. The songs he sings, passed down through generations of coffee cultivators, express gratitude for the traditional farming techniques cultivated and treasured by his ancestors.
It’s from Alemu and his friends at the Homacho Waeno Cooperative that we collect the beans for Organic Ethiopia Sidamo. Such hands-on farming results in astounding complexities of flavor and aroma. These beans present elegant notes of spicy gingerbread, graham cracker and sweet Meyer lemon acidity. It’s a select and rare crop full of cherished history and knowledge, and the coffee it brews is nothing short of riveting.
  • Producer: Homacho Waeno Cooperative
  • Elevation: 6,800 feet (2,000 meters)
  • Processing Method: Washed
  • Tasting Notes: Spicy gingerbread and graham cracker notes with sweet, Meyer lemon acidity
  • Pairing Flavors: Spicy gingerbread and graham cracker